英語絵本の扉


 

 

文章が1文、またはほとんどなく絵だけで楽しめる本。

幼児向けもありますが、仕掛けなど小学生でも楽しめます。

(ページ数は読み聞かせの参考に)

   

特に人気だった本

CD付

仕掛け絵本

 

 

             
               
 "Good Night"のみで進むお話ですが、絵がとても素敵でじっくり読む(見る?)絵本。最後、文字には表れない発見を子供たちはみつけると思います。p.26    

うさぎ、パパのお髭など指で触れられ、お花の香りまで(芳香剤封入)します。 ポケットサイズでリアルな人の絵で、この絵本で英語を・・・というのはキビシイですが、仕掛けで十分遊べます。p.20

     "No, David"のみでほぼ進みますが、十分楽しめます。いたずらっ子のデイビッド、叱ってばかりのお母さん、でも最後は・・・。みんな自分を重ね合わせていました。p.24    

文章は"Where's the Fish?" "There is the fish"で進みます。逃げたお魚を一緒に探してください。日本語でも人気の本ですね。p.24

 

 

力持ちのお母さん、強いお母さん、優しいお母さん、いろんな顔をもつお母さんの姿がコミカルに描かれています。p.24

 

                       
                       
               
                      

 My Mum"のお父さんバージョン。強くて大食い、でもちょっぴりお茶目なお父さん。p.28

 

 

 

     有名なライム(詩)で手遊び歌の文章です。5匹の子ザルたち、ベッドの上でジャンプはいけません。1匹ずつ落ちて、結局最後は・・・。みんな大好きで手遊びしながら全て覚えてしまいました。p.28    

 有名なライム(詩)が文です。各ページの上(瓶の蓋)が上に引き出せます。"Who stole the Cookies from the Cookie Jar?"と一枚ずつなくなるクッキー盗んだ犯人は・・・ 意外な人物!? p.28

 

   

CDには歌が入っていて、歌詞が文になっています。歌詞に合わせバスのパーツが切り抜きになっていています。遊び歌としては定番の曲で幼児さんに大人気です。P.16

 

 

 

 絵本というか、シール集です。色々な動物の小さい写真ステッカーが計1000枚。各ページの動物のいろんな動きに合わせて貼ります。動物の名前を言いながら貼ると覚えられそうなくらいのボリュームです。

 

                       
                       

         

 

         
                     

 ボードブックのようにしっかりした本。消防車に取りつけられている道具を実際に絵本から取り出せます。ストーリーというより遊ぶ感じの本です。

 

   

 "Five Little Monkeys Jumping on the Bed "に似た有名なライム(詩)。ハロウィンにぴったりです。p.15

 

   

 1ページが上下に分かれ、上に液体、下にパンや子供の頭などが描かれ、"Do you like~?”と質問が続きます。子供は思いもよらない組み合わせに大笑いです。p.22

    大人気の1冊。「暗~い 暗~い森の中」ちょっぴりドキドキ、お化け屋敷の探検気分。そして一番奥にひそんでいたのは・・・。有名なライム(詩)でもあるので、みんな楽しんで英文を覚えてしまいます。p.22   アルファベットの大文字・小文字の認識に良いです。CDには本文がいろんなバージョンで数曲収録。定番のバージョンは、なんとレイチャーズル氏の歌声!"Boom Boom!"はみんな楽しんでいました。 p.32
                       
                       
                     
                       
最後のページに本文の楽譜があり、歌うことができます。繰り返し歌えるようになると月曜~日曜まで曜日が覚えられますね。色彩も豊かで他のEric Carleさんの作品同様子供の注意を引きます。p.24    

説明はいらないほど大人気ですね。誰でもストーリーを知っている分、英語のハードルが下がります。"He's still hungry."とみんなで読み進めました。p.26

 

   

"What do you see?"のフレーズが繰り返されています。動物と色の言い方が学べます。「キラキラ星」のメロディーで読み進めるとあっという間に、暗唱できてしまいます。p.24 

   

街にひらひら舞い落ち始めた雪。次第に待ちの景色が変わっていきます。舞い落ちる雪によって変化していく街の景色がとても綺麗です。文章は1ページに1文あるかないか。p.30 

 

結構横にびよ~んと開きます。それだけで子供たちは夢中に。「長い≠短い」「きれい≠きたない」と反対言葉をカラフルなかわいいsnakeで学べます。p.14

  

                       
                       
   

               
                       
 フォニックスの音(a,b,c・・・)を基にその単語を使った曲がCDに入っていて、歌詞が本になっています。絵本として読むのではなく、かけ流しでフォニックスの音を覚えるのに良いかも。    

各ページ、 トレース紙に描かれた影絵のようになっていて、とても綺麗です。「何が隠れているかな?」p.22

 

 

   

めんどりの卵の中に一つだけ大きな卵。誰の卵が聞いて歩くめんどり。"Is it a ○○ egg?"という文が続きます。1ページに2文ほどしかありません。p.32

  

    裾がボロボロになったコート→ジャケット→ベストと、物を大切にするジョセフ。そして最後にはついに全てなくなりますが、残ったものがありました。それは・・・。最後に楽譜付なので歌としても楽しめます。p.24  

 ハロウィンに最適!魔女の家の中を探検。冷蔵庫や箱など色々な物を"right""left"と好きな方へ開けて見ると、さて何が入っているでしょう?p.16

 

                       
                       
                     
                       

日本語版でも人気のスポット。ご飯の時間なのにどこかへ行ってしまいました。 "Up" "Down" "In"など学べます。p.22

 

 

   

お茶目なサリーが街へ行くのですが、その格好がとにかくビックリ。みんな笑いながら聞いていました。歌にもなっているようなので、歌い進めるとさらに楽しめます。p.32 

 

   

触れてみたくなってしまうほど、ふわふわ可愛いうさぎちゃんのイラストです。ABCをモチーフにしたよくできているストーリーでアルファベット認識に最適です。p.24

 

 

   

イースター日、イースターエッグを準備するのですが、見つかりません。イースターに最適です。p.12

 

 

 

 

 "Black and White Rabbit"のシーリーズです。色の入ったバケツに飛び込んでしまううさぎちゃん。色の学習に最適です。色の足し算遊び感覚で子供たちは大興奮でした。p.24

 

                       
                       
                       
                        

 いろんな動物がいろいろな格好をします。それに対して"I can do  it"と一緒のポーズをみんなでしながら楽しく読み進められます。終わる頃には"I can do it!"定着しますよ(^^) p.26

   

CD付。ストーリーの曲が入っているので歌って踊って楽しく覚えてしまいます。主人公になった気分で海に山に砂漠にでかけてみましょう。p.30

 

   

ワニの顔部分がくり抜きになっていて、パペットのように指を入れてパクパクできます。音の響きがよく、帰る時には"See you later alligator"が口癖になりましました。p.24

   

ハロウィンの"Trick or Treat!"へ出かける10人のお友達、進むにつれてひとり一人消えていきます・・・。カラフルでコミカルな絵です。p.24

 

 

 しゃっくりが止まらない骸骨くん。お化けと一緒にあれこれ試すけれど止まらない。最後にやっと止まったその理由とは・・・。みんな爆笑でした。p30

 

                       
                       
                   
                        

サンタさんが乗るのは、トナカイのそりですね。さて、なぜトナカイ何でしょうか?そうなった理由がコミカルに描かれています。クリスマスに楽しめます。p.32

 

 

   

バレンタインデーの読み聞かせにぴったり。幼児から楽しめます。ねずみの一家がバレンタイン・カードを配りにでかけるお話。♥がたくさんで、可愛いストーリーです。p.32

 

 

   

ベットに入った7頭のこぐま。寝ようとしたら外から何か聞こえました。その音の正体を知るべく、窓から抜け出かけます。真夜中に出かけるスリルを感じさせます。とってもリズムカルに一文が進んでいきます。ちょっとドキドキしながら前置詞のお勉強に最適。p.30

   

ひょうきんなモンスターの顔がページをめくるごとに現れます。色と顔のパーツ学習ができ、キーワードは"Go away!"、するとだんだん消えるモンスター。大人気の一冊、間違いありません。

 

 

 

"Go away~" こちらも大人気の一冊。今回はいろんなモンスターが出て来ます。女の子もいます。「怖いモンスター」「嬉しいモンスター」「悲しいモンスター」と気分が学べます。自分をモンスターfaceに見立てることもできちゃう仕掛け。子供たちのいろんな表情が見れると思います。

 

 

 

 

 

 

 戻る

 

 

 

 

 

 

クラス風景はこちら(アカウントなしでご覧いただけます